いろいろな経費

いろいろな経費

中古マ ンションを購入すると 、購入 した時にいろいろな経費がかかる。これらの「当初経費」は、事前に想定した以上に膨らむことが多 い。マンシヨンの購入に際しては、関連する一連の経費 (当初経費) が大きな出費となります。不動産物件を買うと、中古物件の仲介手数料は、 一般に売主と買主が売買金額の3%ずつを
負担するのがルールです。と、このように単純に理解していた私は、売買仲介手数料について購入価格
1 200 万円に3%を掛けて、 136 万円ナリ」と計算していました。 しかし現実はそ
うではありませんでした。

不動産を購入すると、いろいろなところに印紙をはります。印紙代がかかってくるのです。それに登記費用も必要になります。
資産税 ・都市計画税について、売り手側と買い手側(こちら側)の負担割合を日割り計算ではじき出し、双方で按分する形で負担します。つまり売り手がその年の固定資産税・都市計画税を払い終わっていれば、こちら側の負担分を日割り計算の上で、売り手に支払うわけです。売買契約日が月なかばの日であれば、月々に支払 う管理費 ・修繕積立金についても、同じように日割り計算で売り手と買い手が按分負担します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です